太りやすい体質と悪玉菌の関係

私の乳酸菌サプリ > 太りやすい体質と悪玉菌の関係

悪玉菌は脳に作用する!?

太りやすい体質,悪玉菌,

腸内細菌の一種である悪玉菌は、増殖して悪玉菌が優勢になった場合、ただ単に腸内だけで働くだけではなく、『脳にまで作用』するといいます。

 

悪玉菌が脳に作用する理由ですが、それはさらに増殖するためで、悪玉菌の増殖環境を整えるように脳に作用するといいます。

 

脳が信号を受け取ると、悪玉菌の増殖環境が整って、さらに悪玉菌が増殖するとも言われています。

 

これは、研究者による研究でも明らかになっているなど、確かなことであるとされています。

どのような形で脳に作用するのか?

太りやすい体質,悪玉菌,

悪玉菌は、さらに増殖するために、脳に作用することが分かりましたが、どのような形で作用するのでしょうか。

 

こちらは、『食欲』に作用することが分かっており、悪玉菌のエサとされる肉類といった脂肪やタンパク質の摂取を促すといいます。

 

肉類は、高カロリーなものが多いですから、摂取するほどにカロリー過多となり、体重に反映されやすくなってしまうなど、悪玉菌のしわざによる食欲旺盛で肥満に陥ることになります。

肥満の方は、悪玉菌で太っていたことが判明している!?

太りやすい体質,悪玉菌,

悪玉菌によって、肉類が食べたくなって、その欲求のまま摂取してしまい、太りやすくなることが分かりましたが、このことに関連する興味深い研究結果が報告されています。

 

その研究は、肥満時とダイエット時での腸内の調査を行ったもので、肥満のときは悪玉菌が優勢となり、ダイエット後は善玉菌が優勢になって腸内環境が安定したとされています。

 

同時に、肥満時で感じていた「肉類を食べたい」という欲求が殆どなくなったことも分かっているなど、悪玉菌が肥満の原因と言える研究結果が出ています。

食べたものを消費しにくい体にもなっていた!

太りやすい体質,悪玉菌,

悪玉菌によって、食欲がおきてしまい、肥満に繋がることが分かりましたが、それだけでは終わらず、食べたものを消費させる代謝低下にも繋がるといいます。

 

代謝が低下すると、食べたものを消費できなくなってしまい、体内蓄積に繋がると言われているなど、体重増加になるとされています。

 

また、代謝が低下している場合は、他の人と同じ量を食べても体重増加につながりやすいとも言われています。

 

実際に、悪玉菌が多い方では、代謝が悪く、太りやすくなっているケースが多いといいます。

善玉菌が優位になると、ダイエット効果が得られる!

太りやすい体質,悪玉菌,

悪玉菌はダイエットに大敵であることも分かったと思いますが、反対に善玉菌を優勢にするなど腸内環境を整えると、自律神経のバランスが正常になることで、代謝が良くなったり、むくみが解消されるともいいます。

 

この二つは、痩せたり、痩せて見える上で大事とされているなど、腸内環境を整えるとダイエット効果が得られると言えるので、見た目はもちろん健康のためにも今日から腸内環境を整えていきましょう。

page top