乳酸菌 美肌

私の乳酸菌サプリ > 乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方

腸内環境と肌荒れの関係

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方

腸内環境の悪化が続くとニキビやシミ、くすみなどの肌荒れが発生しやすくなります。腸内環境とは腸内フローラとも呼ばれる善玉菌、日和見菌、悪玉菌の生息するバランスのことを指します。それぞれ人体で以下のような働きをします。

 

善玉菌
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方
乳酸菌やビフィズス菌などが該当します。人間にとって有益な働きをする菌群です。人間の消化酵素で分解できないオリゴ糖や食物繊維をエネルギー源として増殖します。その際に代謝物としてビタミンB群やビタミンK、乳酸や酢酸などを生産します。
悪玉菌
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方
有毒株の大腸菌やウェルシュ菌などが該当します。人間にとって有害な働きをする菌群です。タンパク質や脂質をエネルギー源として増殖しますが、善玉菌の行う「発酵」ではなく「腐敗」させてしまいます。タンパク質や脂質から硫化水素やアンモニアなどの有害な物質を生産してしまうため人間の健康に害を与えてしまいます。また大腸がんのリスクを高めてしまう場合もあります。
日和見菌
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方
連鎖球菌や無毒株の大腸菌が該当します。腸内環境が善玉菌優位な状態だと特に何もしません。しかし悪玉菌が優位になってしまったり、免疫力が弱まってしまったりすると体に害のある働きを始めます。

 

これらの中で腸内に最も生息している数が多いのは日和見菌です。腸内細菌全体の70%ほども占めています。理想的な腸内環境のバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合でバランスが取れている時です。

 

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えてしまう原因には以下のようなものがあります。

 

食物繊維不足

野菜や果物、海藻などの摂取量が少なく食物繊維が不足してしまうと腸内環境は悪化しやすくなります。食物繊維は乳酸菌やビフィズス菌のエネルギー源になります。また便通を促して、腸の中に便を留まらせない効果もあります。しかし食物繊維が不足してしまうと乳酸菌やビフィズス菌のエネルギー源が不足して善玉菌が十分に増殖できなかったり、便通が悪くなり便が長時間腸内に留まることでタンパク質や脂質の腐敗が進みやすくなってしまったりします。

タンパク質、脂質の摂り過ぎ

タンパク質も脂質も三大栄養素の一つであり、人間が生命を維持するために必要不可欠な栄養素です。しかしそれらの摂取量が過剰になると悪玉菌のエネルギー源が増えてしまい、アンモニアや硫化水素などの腐敗物質の生産が促進されてしまいます。

ストレス

人間はストレスを感じると自律神経の交感神経が優位になります。交感神経は活動や興奮、緊張に関わる神経で勉強や運動、仕事をするために重要な神経です。しかしストレスを感じると交感神経が常に優位な状態になってしまい、全身が緊張し続けてしまいます。緊張は腸のぜん動運動(便を排泄するための運動)を抑制してしまうので便が長時間腸内に留まりやすくなります。結果、腸内の腐敗を招いてしまい腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内環境が悪化すると悪玉菌が生産するアンモニアや硫化水素をはじめとする有害な物質が増加します。これらの物質は腸壁から吸収されることで血流に乗り、全身に運ばれてしまいます。その結果、皮膚への悪影響が発生します。ニキビやくすみ、シミなどが-発生しやすくなるほか、体臭にも悪影響を与えます。

乳酸菌が美肌に良いと言われる理由と乳酸菌の種類

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方

乳酸菌は腸内で乳酸を生産して悪玉菌の増殖を抑制してくれます。またビタミンB群やビタミンKなどの必須ビタミンを合成し、人間に供給してくれる働きもあるため美肌に効果的です。乳酸菌が腸内で効果的に働くためには胃酸などに負けず生きて届くことが必要です。生きて届く乳酸菌にはこのようなものがあります。

 

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方乳酸菌シロタ株
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方ラブレ菌
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方カゼリ菌SP株
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方LG21乳酸菌

など

 

これらの乳酸菌が生きてしっかり腸に届くことで悪玉菌の増殖を抑制したり、肌荒れに効果的なビタミンB群を生産したりしてくれます。

 

ただし胃酸などで死んでしまい腸に生きて届かない乳酸菌に整腸効果がないわけではありません。近年、死菌であっても腸内の善玉菌を増やす効果があることが判明しています。

美肌のための乳酸菌の取り入れ方

乳酸菌の美肌作用を得るためには食品として摂取する方法と肌に塗る方法があります。食品として乳酸菌を摂取する場合のポイントは以下の3つになります。

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方乳酸菌を継続して摂取する
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方乳酸菌を胃酸の薄まる食後に摂取する
乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方できればオリゴ糖と一緒に摂取する

 

もともと人間の腸内に生息している以外の乳酸菌は時間の経過とともに体外に排出されてしまいます。そのため、継続的に摂取することが重要です。
目安として2週間から1か月ほど摂取し続けましょう。しばらくの間継続してお腹の調子が良くなったならそのまま継続、もし効果があまり実感できないようならば違う菌種に変えてみるとよいでしょう。また乳酸菌への胃酸によるダメージを最小限に抑え、腸内で元気に働いてもらうためにも食後の胃酸が薄まっているタイミングでの摂取も重要です。

 

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方またオリゴ糖には乳酸菌を増殖させる働きがあるため一緒に摂取すると効果が高まるでしょう。
また手作りの乳酸菌化粧水や乳酸菌発酵エキスなどが含まれた化粧品を皮膚に塗ることでも美肌作用が期待できます。乳酸菌が作り出す成分には高い保湿作用があるため、乾燥を防ぎ潤いとハリのある肌を保ってくれる作用があります。乳酸菌を皮膚に塗る場合は乳酸菌の種類は特に関係がありません。

美肌に良い乳酸菌が摂取できる食べ物

乳酸菌は発酵食品に多く含まれます。乳酸菌が含まれている食品の一例には以下のようなものがあります。

 

・味噌・ぬか漬け・キムチ・ピクルス・チーズ・ヨーグルト・乳酸菌飲料

 

また、そのほか腸内に生息する乳酸菌を増殖させるため食物繊維やオリゴ糖が含まれている食品の摂取もおすすめです。

 

・海藻類・キノコ類・ゴボウ・こんにゃく・玉ねぎ・大豆・大根・精白していない穀類

 

食品中に含まれている乳酸菌は腸に生きて届くものもいれば、胃酸で死滅してしまうものもいます。もちろん死菌であったとしても整腸作用はあるため、腸まで生きて届くことを気にしすぎる必要はありません。もし腸まで生きて届く乳酸菌を摂取したい場合はそういった菌を使っているヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントを利用するとよいでしょう。

美肌に良い乳酸菌食品の食べるタイミングとおすすめレシピ

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方

乳酸菌への胃酸によるダメージを軽減するためには胃酸が最も薄まっている食後のタイミングでの摂取が重要です。ただし上に挙げた食品の中には食後に食べることがないものもあるため、そこまで気にしすぎる必要はありません。ヨーグルトや乳酸菌飲料をデザートの代わりに食後に食べるようにするとよいでしょう。朝のお通じをよくするためにも夕食後に食べることをおすすめします。
ヨーグルトを食べる際は+αではちみつやバナナ、きな粉を加えるとよいでしょう。はちみつやバナナ、きな粉にはオリゴ糖が含まれているため乳酸菌を腸内で増殖させる作用があります。またばななやきな粉は食物繊維が豊富なため便通の改善にも効果的でしょう。

 

乳酸菌が美肌に良いワケと乳酸菌の取り入れ方

乳酸菌を食品として摂取するのではなく、より生きて腸に届きやすいサプリメントとして摂取するのもおすすめです。サプリメントの場合はカプセルが腸で溶け出すように設計されているものが多く、生きたまま直接乳酸菌を腸に届かせることができます。食後に摂取しやすいのもポイントです。

まとめ

乳酸菌,美肌
  • 乳酸菌は腸内で悪玉菌の有害物質の生産を抑えるため美肌効果がある
  • 死菌でも整腸作用はあるが、なるべく生きて届かせる工夫が重要
  • 食べ物としてだけではなく、サプリメントとして摂取するのも効果的
page top