ビフィズス菌の必要性

私の乳酸菌サプリ > ビフィズス菌を取り続ける必要性

ビフィズス菌は腸内で何をしている?

ビフィズス菌,必要性,

腸内の善玉菌を占めているビフィズス菌は、善玉菌を優勢にするなどで腸内環境を整えることが主な役割とされています。

 

ビフィズス菌が正常に働いている場合は、便秘や下痢など腸の不調とは無縁とされていて、免疫力も高まることから風邪などもひきにくいと言われています。

 

加えて、腸内がクリーンであることから、肌荒れや口臭などもなくなるとされているなど、健康や美容を支えているとも言われています。

 

他にも、ビフィズス菌は、健康を支えるビタミンB1・B6・B12・葉酸を生み出したり、骨の強化などに役立つカルシウムの吸収を担うともされています。

ビフィズス菌は減ってしまう!?

ビフィズス菌,必要性,

腸の健康を担っているビフィズス菌ですが、加齢と共に減少するとされていて、成人を過ぎた頃には腸内で99.9%⇒10%になってしまうなど、かなり減少するといいます。

 

それだけではなく、食生活が乱れたり、ストレスや薬の服用などによっても、ビフィズス菌は減少するとされています。

 

特に、現代人は、食生活の乱れやストレスを感じることも多いとされていて、ビフィズス菌の減少傾向にあるとも言われており、それによって便秘などに悩まされているともいいます。

ビフィズス菌は毎日補う必要がある!

ビフィズス菌,必要性,

加齢などで減少するビフィズス菌は、毎日取り続ける必要があるといいます。

 

理由としては、加齢によって増える、ビフィズス菌が減る原因のバクテロイデスは、減少することがない点が一番にあげられています。

 

事実、一度ビフィズス菌を補っても、1週間でバクテロイデスによって減少することがわかっているなど、毎日でも取り続ける必要があるといえますし、実際に毎日の摂取が推奨されています。

 

ビフィズス菌は、酸に弱い性質がありますから、酸への対策がとられているサプリなどからの摂取が、手軽でもあるのでおすすめです。

サプリでは、腸内環境を左右するビフィズス菌を補っていこう!

ビフィズス菌,必要性,

腸内環境を正常化するために、サプリを活用する方も多いですが、なるべくなら腸内を支えているビフィズス菌を摂取した方が良いです。

 

腸内の善玉菌の一種である乳酸菌を摂取する方も多いですが、腸内では0.1%のみを占めているなど有効性が高いとはいえないので、しっかりと効果を得るためには、善玉菌の代表格であるビフィズス菌の摂取がベストとなります。

page top