乳酸菌 機能性表示食品

私の乳酸菌サプリ > 機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

機能性表示食品とは

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

 機能性表示食品の定義 
機能性表示食品とは2015年4月に消費者庁が定めた制度で、安全性が確保され科学的根拠に基づいた一定の条件をクリアし、健康の維持や増進に役立つという機能性を表示できる食品のことです。

 

「お腹の調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など、特定の保健の目的が期待できるという食品の機能性を製品のパッケージや広告などに表示することができます。
消費者が正しい情報により製品を選択できるよう、機能性を分かりやすく表示した製品の選択肢を増やすことを目的として定められました。

 

「トクホ」とはどう違う?

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

「トクホ」とは「特定保健用食品」の略称で、機能性表示食品との大きな違いは国が個別に許可を出しているかどうかにあります。

 

機能性表示食品の制度が定められる前は、機能性を表示することができる食品といえば、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」に限られていました。

特定保健用食品とは健康の維持や増進に役立つことが科学的根拠により認められ、効果や安全性について国が審査を行い、消費者庁長官が許可して、表示が認められた食品。

トクホマークがついていることで、ご存じの方も多いでしょう。

 

また、栄養機能食品は、ビタミン、ミネラルなどの一日に必要な栄養成分を補給するために利用できる食品で、すでに科学的根拠が確認されている栄養成分を基準量以上含んでいれば、特に届出などをしなくても機能性を表示することができます。特定保健用食品は国が個別に許可していて、栄養機能食品は国の規格基準をクリアしていることに対し、機能性表示食品は事業者の責任において、販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報を消費者庁へ届け出ることで、その製品に表示が可能になるものです。
事業者側には消費者が誤解することなく目的の製品を選択することができるよう、厳正な安全性の確保、科学的根拠が求められます。

機能性食品が認められている乳酸菌の種類一覧

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

「乳酸菌」とは糖を分解して乳酸をつくり出す細菌の総称で、200以上もの種類が存在するといわれています。
乳酸菌の主な性質は、腸内にすむ善玉菌の99.9%を占める「ビフィズス菌」が生息しやすい環境をつくることで増殖を助け、腸内環境を整えること。その他にも菌種によってさまざまな作用を持っています。
また、ビフィズス菌自体を摂取するという機能性表示食品もありますので、合わせてご紹介しましょう。

 

フェカリス菌

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

フェカリス菌はもともと私たちの体に存在している乳酸菌の1種で、腸内環境の改善はもちろん、免疫力アップ、コレステロール値を下げる、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する、といった作用が期待できます。一般的な乳酸菌の1/5程度の大きさしかないことが大きな特徴で、一度に多くの菌数を摂取することが可能なため、サプリメントに適した菌種だといえるでしょう。生きたまま摂取した場合は腸内環境の改善作用がより高まり、加熱処理を行った死菌として摂取した場合には善玉菌のエサになるとともに、免疫力向上の作用がより高まることが明らかになっています。

 

フェカリス菌の代表的な菌株であるEC-12株が含まれる機能性表示食品は、久光製薬の「乳酸菌EC-12」。1回の摂取目安量である1gの粉末の中に1兆個以上もの乳酸菌が含まれています。あえて高度な加熱処理を行った死菌を使用することでほとんどが腸まで届き、善玉菌の増加をサポート。さらに、善玉菌のエサとなるミルクオリゴ糖と食物繊維も配合されています。

クレモリス菌FC株

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

クレモリス菌FC株は長寿の人が多い世界屈指の地域であるカスピ海近くのコカーサス地方で食べられていた自家製ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。1986年に初めて日本に持ち込まれ、「カスピ海ヨーグルト」が誕生しました。クレモリス菌FC株は乳酸菌がヨーグルトの発酵中に産み出す物質のひとつである「EPS」をつくることが特長。EPSはヒトの消化液に分解されない性質を持っているため、生きたまま腸まで届きます。クレモリス菌FC株に期待できる作用は、腸内環境を整えることによる便秘・軟便の改善、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和、免疫力アップによるインフルエンザをはじめとするウイルス性疾患の予防、中性脂肪・血中脂質の低減によるメタボリックシンドロームの予防・改善など。

 

このクレモリス菌FC株が含まれる機能性表示食品は、フジッコの「善玉菌のチカラ」です。1粒に20億個以上の乳酸菌を凝縮し、1粒あたり脂質が0.01gと少なく、0.71Kcalの低カロリーであるため、ダイエット中の人にも適しているのが特徴。また日本人に不足しがちな栄養素であるカルシウムも配合しています。

L-92乳酸菌

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

L-92乳酸菌は正式には「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」と呼ばれ、乳酸菌飲料の老舗メーカーであるカルピスが長年にわたる研究の末に独自に選び出した菌種。一般的な乳製品からは摂ることができない貴重なものです。アレルギーへの適性を考慮して選出されただけあって、アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状の改善作用が確認され、学会でも高く評価されています。その他のL-92乳酸菌の作用として期待できるのは、便秘の予防と解消、免疫力アップ、風邪やインフルエンザの予防など。

 

このL-92乳酸菌が含まれる機能性表示食品は、カルピス健康通販の「アレルケア」です。シリーズ累計販売数500万個を突破している人気の製品で、1日の目安量である2粒にL-92乳酸菌を20.7mgも含んでいます。ラムネのようにそのまま噛んで食べることができる気軽さも人気の理由です。

ビフィズス菌(ロンガム種)

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

ロンガム種は健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌。世界30ヶ国以上でサプリメントや育児用粉ミルクなどに配合されています。ビフィズス菌の中でも特に胃酸に強く、多くの菌が生きたまま腸まで届くのが特徴です。便通の改善や、悪玉菌がつくる有害物質・アンモニアを抑えることによる大便の臭いの緩和、風邪やインフルエンザ、病原性大腸菌O157などの感染の予防、花粉症をはじめとするアレルギーの改善、コレステロール値を下げるなどの作用に期待できます。

 

ビフィズス菌(ロンガム種)BB536株を50億個も配合する機能性表示食品が、ビフィズス菌の研究歴約30年にもわたる森下仁丹の善玉菌サプリ「ヘルスエイド ビフィーナS」。ビフィーナは1993年の発売以来、シリーズ累計1000万個以上の販売数を誇ります。2重の層で守る「ハイパープロテクトカプセル」により、胃で死滅することが多いビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることに成功。善玉菌のエサとなるオリゴ糖を同時に配合し、整腸作用をパワーアップしています。

機能性食品(乳酸菌)の上手な選び方

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ腸までしっかり届く製品

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

生きた菌と死んだ菌、どちらがいいかという考え方は各事業者によって二分されるところですが、死菌の場合は菌の含有量で選ぶといいといえるでしょう。
生きた菌の場合は含有量よりも、生きたままより多くの菌が腸まで届くことが大切なので、腸での生存率も参考にしましょう。

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめシンバイオティクス製品

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

機能性表示食品の中でも今、注目を集めている「シンバイオティクス」の製品を選ぶと、よりいっそうの作用を期待できます。
ビフィズス菌や乳酸菌はもともと腸内にすんでいる「プロバイオティクス」と呼ばれる微生物で、これらの数を増やすことで腸内環境を整えるのが上でご紹介した機能性表示食品の目的。
これに対して、プロバイオティクスの栄養源となることで、そのはたらきを助ける食品成分が「プレバイオティクス」です。胃で分解・吸収されずに腸まで届くオリゴ糖や一部の食物繊維がこれにあたります。

 

さらに、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を含んだ製品が、より整腸作用に期待ができる「シンバイオティクス」。つまり、乳酸菌やビフィズス菌とオリゴ糖や食物繊維が同時に配合された機能性表示食品製品を選ぶことが賢い選び方なのです。

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ自分に合っている製品

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ

さまざまな種類があり、特徴もそれぞれ異なる乳酸菌。自分が求める作用を持つことはもちろん大切ですが、自分の腸内環境に合っているかどうかも大きなポイントです。
腸内に不足している細菌と、製品に含まれる細菌の種類が合致するとより手応えを感じられるというわけですが、お腹の中は目では見えないため、合致させるのはなかなか難しいかもしれません。
まずは自分が求める作用を持つ製品の中で、販売数が多いものから試してみるといいでしょう。

まとめ

機能性表示食品として認可されている乳酸菌の種類と機能性の内容まとめ機能性表示食品とは、健康の維持や増進に役立つという機能性を製品のパッケージや広告などに表示できる食品を指します。
「トクホ」は効果や安全性について国が審査を行い表示が認められた食品で、「栄養機能食品」は科学的根拠が確認されている栄養成分を国の規格基準以上含んでいる食品。これに対し機能性表示食品は、安全性が確保され科学的根拠に基づいた一定の条件をクリアしていることを事業者の責任において届け出ることで、表示が可能になるものです。

 

乳酸菌の機能性表示食品では、乳酸菌には200以上もの種類が存在し、その種類によってさまざまな作用を持っているため、まずは腸までしっかり届くかどうか、シンバイオティクスであるかどうかをしっかり確認することが大切。さらに自分に合っているかどうかについては、求める作用で選んだ上で、販売数が多いものから順に試してみることがおすすめです。

page top