プロバイオティクスとは

私の乳酸菌サプリ > プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

プロバイオティクスとは、「腸内フローラのバランスを改善することにより、ヒトの体に有益な作用をもたらす生きた微生物」のことを指します。
イギリスの微生物学者Fullerにより、1989年に定義されました。

 

菌を殺して体を守る抗生物質を「アンチバイオティクス(生命の害になるもの)」と呼びますが、抗生物質が副作用や耐性菌を生み出すことに対する批判から、「体にいい菌を増やすことで健康を守ろう」という発送で生まれたのが「プロバイオティクス(生命に良い影響を与えるもの)」。よく知られているものとしては、乳酸菌やビフィズス菌もプロバイオティクスの一種です。
ただし、公益財団法人日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会によると、次の条件を満たすことが科学的に証明された菌株に限り、プロバイオティクスと呼べると考えられています。

 

プロバイオティクスの条件

1.安全性が保証されている
2.もともと宿主の腸内フローラの一員である
3.胃液、胆汁などに耐えて生きたまま腸に到達できる
4.下部消化管で増殖可能である
5.宿主に対して明らかな有用効果を発揮できる
6.食品などの形態で有効な菌数が維持できる
7.安価かつ容易に取り扱える

 

腸内フローラとは

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

ヒトの腸の中には400種類以上、約100兆個にも上る多種多様な細菌がすみつき、種類ごとに群れて生息しています。その状態が、植物が種類ごとに群れている花畑のように見えることから、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれているのです。
腸内フローラを構成する細菌の総量はだいたい一定で、有害物質を便とともに排出するはたらきをする「善玉菌」と、腸内で有害物質をつくり出すはたらきをする「悪玉菌」の勢力争いが常に繰り広げられています。このバランスを改善する、つまり善玉菌を増やす作用を持つ微生物がプロバイオティクス。プロバイオティクスを食品から摂ることで、健康を増進することができると考えられています。

プロバイオティクス食品一覧

プロバイオティクス食品とは

文字通り、プロバイオティクスを含む食品を「プロバイオティクス食品」と呼び、最近ではこうした食品そのものをプロバイオティクスと称する傾向にあります。近年は「腸ブーム」と言われるほど、腸内環境を整えることが健康の分野で大きな注目を集めていることから、さまざまなプロバイオティクス食品が市販されるようになりました。

 

発酵食品・乳酸菌製品=プロバイオティクス?

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

「腸内環境を整える」と聞くと、発酵食品や乳酸菌製品などを思い浮かべる方が多いでしょう。ここで注意しなければならないのは、これらのすべてがプロバイオティクス食品とは限らないということ。発酵食品や乳酸菌製品などには確かに、善玉菌が生息しやすい環境をつくる乳酸菌や、善玉菌のほとんどを占めるビフィズス菌そのものが含まれていますが、プロバイオティクスと呼ぶには上の項でお話ししたようなたくさんの条件を満たしている必要があります。
つまり、発酵食品や乳酸菌製品などの中でも、きちんとした研究成果があり、明らかな有用効果を発揮できる製品だけが「プロバイオティクス食品」と名乗ることができるのです。一般的なヨーグルトやぬか漬け、納豆、味噌などはプロバイオティクス食品とは言えないということになります。

結局、どんな製品を選べばいいの?

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

安心してプロバイオティクス食品を摂りたい方は、発酵食品や乳酸菌製品などの中でも「特定保健用食品」または「機能性表示食品」を選ぶことが大切です。
科学的に作用が証明されているのは、メーカーや研究機関が努力の末に開発した特定の菌株に限られますが、こうした菌株を含んだ製品にはおおむね、消費者庁が成分の安全性や機能性などを確認し、特定保健用食品か機能性表示食品であることが認められています。
これらの表示があるかどうかを、プロバイオティクス食品を選ぶ際の目安にするといいでしょう。

プロバイオティクス食品を摂ることで期待できる効果

毎日の習慣としてプロバイオティクス食品を摂ることで、さまざまな健康効果が期待できます。医療の現場では慢性便秘症をはじめ、急性胃炎やリウマチ関節炎などの治療にもプロバイオティクスが活用されていますが、日本でプロバイオティクス食品から得られることが期待できるのは次のような効果です。

 

腸の調子を整える

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

プロバイオティクス食品には、腸内環境を改善することにより、腸のはたらきを活発化させる作用があると言われています。特に「お通じがよくなった」というクチコミは後を絶ちません。便の水分量を調整する作用、悪玉菌を抑える作用もあるため、便秘ぎみの方、下痢ぎみの方、両方のお腹の健康を守ることができます。

 

生活習慣病を予防

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

糖尿病や高血圧、肥満などは深刻な病気を引き起こすことがありますが、プロバイオティクス食品はこうした生活習慣病を未然に防ぐはたらきにも期待できます。善玉菌が増えることで、悪玉菌がつくる毒素や有害物質を効率よく排出することができるため、腸内の感染を防ぐとともに免疫力をアップ。ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった必須栄養素の吸収も促進するため、生活習慣病の予防につながるのです。

 

アレルギー症状の緩和

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

プロバイオティクス食品には抗アレルギー作用にも期待できます。花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状が悪化するのは、体内に入ったアレルゲンを排除しようと免疫反応が過剰になった時。プロバイオティクスが免疫機能を高めることにより、アレルギー反応が起きにくくなると言われています。

プレバイオティクスとの違い

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

プロバイオティクスと1文字違いの「プレバイオティクス」は、一言で言うとプロバイオティクスのはたらきを助ける物質のことです。
プロバイオティクスはもともと腸内にすんでいる微生物ですが、プレバイオティクスはその微生物の栄養源となる食品成分。代表的なものはオリゴ糖や一部の食物繊維などで、胃で分解・吸収されずに腸まで届くものだけがプレバイオティクスとして認められています。
オリゴ糖はタマネギやゴボウなどの野菜類をはじめ、ハチミツや牛乳などにも含まれていますし、食物繊維は根菜類全般や豆類、海藻類などに多く含まれる成分ですが、食事から摂るだけでは腸まで届く量に限りがあり、効果にはあまり期待できません。

腸内フローラを整えるためには両方必要

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

腸内の善玉菌を増やすプロバイオティクスと、そのエサになるプレバイオティクスは、同時に摂ることでますますはたらきの促進が期待できます。
成人の腸内は悪玉菌が優勢になっていることがほとんどなので、プレバイオティクスだけを摂取しても、もともと少ない善玉菌を増やすことはなかなか難しいもの。プロバイオティクスと一緒に摂ってこそ、お互いのパワーを生かし合うことができるのです。

 

プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂ることや、両方を含んだ製品を「シンバイオティクス」と呼んでいます。
食事から摂ることが難しいシンバイオティクスを気軽に摂って腸内フローラを整えるためには、乳酸菌やビフィズス菌とオリゴ糖や食物繊維が組み合わされた食品やサプリメントを選ぶことがおすすめです。

まとめ

プロバイオティクスとは〜定義から食品・効果効能まで全解説

腸内フローラのバランスを改善するプロバイオティクス。乳酸菌やビフィズス菌の中で、7つの条件を満たすことが科学的に証明された菌株だけがプロバイオティクスと呼ぶことができます。
近年ではさまざまなプロバイオティクス食品が市販されていますが、その中でも特定保健用食品か機能性表示食品を選ぶことが大切。毎日摂取する習慣をつければ、腸の調子を整える、生活習慣病を予防する、アレルギー症状を緩和するなどの作用が期待できます。

 

プロバイオティクスだけよりも、そのはたらきを助けるプレバイオティクスを一緒に摂ることがおすすめ。より効率的な腸内フローラの改善、そして健康増進を望むことができます。

page top