ラブレ菌

私の乳酸菌サプリ > ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説

ラブレ菌とは

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説

ラブレ菌とは、京都で有名な漬物の「すぐき漬け」から見つけられた植物性乳酸菌です。
漬物に生存しているということもあり、塩分や酸性にとても強く、生命力の強い乳酸菌です。
生命力の強さから、生きたまま腸にたどり着くことができます。そのため腸内に長く留まり悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えます。また、植物性乳酸菌ではありますが、人の体内ととても相性が良く、効果が出やすいともいわれています。

ラブレ菌の主な効果効能

腸内環境を整える

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説ラブレ菌は腸内で乳酸を作り出し、腸内を酸性に整えるはたらきがあります。腸内に存在する悪玉菌が優勢を保つとアルカリ性になると言われています。酸性に整えるということは、悪玉菌が存在しにくい環境を作り出すということです。また、酸性に整えるだけでなくビフィズス菌などのほかの乳酸菌を増やす効果があります。

 

免疫力を高める

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説ラブレ菌には、体内のNK細胞を活性化させるはたらきがあります。NK細胞とは体内のがん細胞やウイルス細胞などを見つけ、攻撃する細胞です。人間の免疫機能において重要な役割をもっています。NK細胞を活性化することにより、通常よりも免疫力を高めることができます。また、腸内環境を整えることが免疫力を高めることにもつながっています。
参照元URL:http://www.kagome.co.jp/nyusankin/nyusankin-univ/medical/medical03.html

 

肌を美しくする

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説腸内の悪玉菌が増えると毒素が肌に運ばれます。これが原因で肌荒れを起こしてしまうのです。ラブレ菌のはたらきにより腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで美しい肌へ近づくことができます。

 

コレステロール値を下げる

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説ラブレ菌にはコレステロール値を低下させるはたらきがあります。コレステロール値を低下させると、動脈硬化や心筋梗塞などを予防する効果が期待されます。

 

アレルギーを抑制する

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説アレルギーを持つ人は善玉菌が少な目であると言われています。このことから、ラブレ菌によって腸内環境を整え、善玉菌を増やせばアレルギー反応を抑制することが出来ると考えられています。

ラブレ菌はどのような食品・食べ物に含まれる?

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説ラブレ菌が摂取できる食品

  • すぐき漬け(漬物)
  • 乳酸菌飲料
  • サプリメント

 

ラブレ菌が摂取できる食べ物はすぐき漬けという京都で食べられている漬物だけになります。漬物以外だと、ラブレ菌を配合している乳酸菌飲料やサプリメントなどになります。

ラブレ菌を摂るならサプリメントがおすすめ

食べ物からラブレ菌を摂ろうとすると、京都の漬物であるすぐき漬けからしかとることができません。スーパーなどでは簡単に入手出来ないうえに、たくさんのラブレ菌を摂ろうとしてすぐき漬けをたくさん食べると塩分摂取量が気になります。
またダイエット中の方などは、乳酸菌飲料になるとカロリーが気になるという方も多いのではないのでしょうか。

 

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説

そういった方が気軽にラブレ菌を摂取するには、カゴメのラブレ菌サプリメントがおすすめです。カゴメのラブレ菌はラブレ菌だけを濃縮し、低温時や酸に対する耐性が強化されたものになります。また、「フリーズドライ製法」を採用し、凍結乾燥にてラブレ菌を眠らせています。眠らされたラブレ菌は体内に摂取されてから、体内の水分で目覚めるように開発されております。
カゴメは唯一、ラブレ菌の研究開発を行ってきた企業という観点からも、ラブレ菌の質も安心できます。

 

ラブレ菌の効果効能一覧と適切な摂取方法を解説

まとめ

ラブレ菌
  • ラブレ菌は京都の漬物の中から発見された植物性乳酸菌です
  • コレステロール値低下や美肌効果、アレルギー抑制効果などが期待されています
  • そのほか、腸内環境を整え、免疫力を高めるなど通常の乳酸菌の効果も期待されています
  • 食品から摂ろうとすると、漬物や乳酸菌飲料から摂取することになるので塩分やカロリーが心配なので、サプリメントがおすすめです
page top