腸内環境をよくする生活習慣

私の乳酸菌サプリ > 腸内環境をよくする生活習慣の心得

腸内環境をよくする生活習慣の心得とは?

腸内環境を良くするためには、腸内の善玉菌と悪玉菌では前者を優勢にする必要があるといい、日ごろの心がけが大事とされています。

 

1.規則正しい生活

起床時間や就寝時間が同じなど、規則正しい生活は、腸のリズムを一定にして、腸内環境をよくするといいますので、規則正しい生活を心がけるようにしてください。

 

2.適度な運動

排便を促す蠕動運動は、適度な運動によって、向上することで快便に繋がり、腸内環境が良好になるといいますので、ウォーキングなど適度な運動を組み込んでいくことも大事です。

 

3.食生活

腸内環境を整えるとされる野菜・果物・乳酸菌の摂取を心がけることも大事で、三食バランス良く食べることも大事といいます。

 

反対に、外食などの偏った食事や肉類中心の食生活は、悪玉菌の増殖から腸内環境の悪化に繋がるといいますので、気をつけましょう。

 

4.ストレスを溜めない

ストレスがある場合、神経のバランスが崩れることで、腸の蠕動運動が低下して、便秘から腸内環境が悪化するために、腸内環境を良くするにはストレスを溜めないようにすることも必要といいます。

 

5.体を冷やさないようにする

善玉菌は、体が冷えた状態など腸の温度が低い場合は、その活動が弱まって、悪玉菌が優勢になることから腸内環境が悪くなるともされていますので、冷たい飲み物やクーラーなどで体を冷やさないようにすることも大事です。

腸内環境はどのくらいでよくなるのか!?

腸内環境をよくする,生活習慣,

腸内環境は、悪化具合にもよりますが、意外にも『二〜三週間』など、早い段階でよくなるといいます。

 

ですが、腸内環境がよくなったからといって、元の生活習慣になってしまうと、その影響を受けてまたすぐに腸内が元に戻ってしまうとも言われています。

 

また、加齢とともに、腸内が元に戻るスピードも早いとされているなど、三日坊主にならずにしっかりと続けることが大事となり、続かせるにはあまり神経質にならずに気楽に行うことがポイントとなります。

腸内環境がよくなるとメリットばかり!

腸内環境をよくする,生活習慣,

腸内環境がよくなると、便秘解消はもちろん、便秘による毒素が蓄積しないことから肌がキレイになったり、代謝機能が正常になることから痩せやすくなるともいいます。

 

また、精神が安定することから、ストレスや不安を感じにくいといったことも、研究者の研究から判明しています。

 

他にも、腸と免疫力は繋がっているとされていて、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、がん予防に繋がるとされているなど、腸内環境がよくなるとメリットばかりです。

腸内環境をよくする生活習慣を定着させよう!

腸内環境をよくする,生活習慣,

腸は、第二の脳といわれるほど体にとって重要な場所でありながら、加齢などで環境が悪化しやすい場所でもあるために、日ごろの生活の中で気を使っていくことが大事といいます。

 

腸内環境が良くなると、あらゆる健康や美容効果を実感することができるとも言われているので、しっかりと続けてその変化を感じていきましょう。

page top