動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

私の乳酸菌サプリ > 意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説

乳酸菌のなかには大きくわけて、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類が存在し、それぞれの違いは乳酸菌がどこに生息しているかの違いになります。
動物性乳酸菌はバターやチーズなど動物由来物質の中に生息していて、植物性乳酸菌は納豆やキムチなど植物由来物質の中に生息しています。
どれが悪いというわけではなく腸内環境を整えるためにはどちらも必要な菌種となります。

植物性乳酸菌の働き

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説

 

植物性乳酸菌が含まれる代表的な食品は、漬物・味噌・醤油・日本酒などの発酵食品です。

 

植物性乳酸菌は栄養が不十分な環境下でも生息することができるため、非常に強い生命力を持っているという長所があります。
そのため、胃酸に負けず生きたまま腸まで届くとされています。
しかし、植物性乳酸菌が注目されてからまだ日が浅いため、植物性乳酸菌についての研究がまだまだ少ない、という短所もあります。
これからさらに解明されていくことが期待されています。

 

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説植物性乳酸菌のはたらきは、大腸菌などの悪玉菌の増殖を抑えることです。
そのはたらきのおかげで食物の消化吸収を正常にしてくれるのです。

 

植物性乳酸菌には、主に味噌や醤油の熟成に使用される「ペディオコッカス属」の「セレビシエ」や「ハロフィルス」や、漬物などの発酵に使用される「ラクトバチルス属」の「コアギュランス菌」などの種類があります。

動物性乳酸菌の働き

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説

動物性乳酸菌が含まれる代表的な食品は、ヨーグルトやチーズ、バターなどの乳製品です。

 

動物性乳酸菌は、乳製品に多く含まれているということもあり継続して摂取しやすいという長所があります。
しかし、酸性に弱い性質を持っているため胃酸や胆汁酸に負けてしまいほとんどが腸までたどりつけないという短所もあります。
意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説動物性乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸が腸に刺激を与え、腸の働きを活発にするはたらきがあります。

 

動物性乳酸菌には、ヨーグルトやチーズに使用される「ラクトバチルス属」の「ブルガリクス」やバターやチーズなどに使用される「ラクトコッカス属」の「ラクティス」、「ストレプトコッカス属」のヨーグルトに欠かせない「サーモフィルス」などの種類があります。

植物性乳酸菌と動物性乳酸機の摂取バランス

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説

 

乳酸菌は同じ種類のものをたくさん摂取するのではなく、いろいろな種類の乳酸菌を幅広く摂取することによりさらなる効果が期待できます。
動物性乳酸菌が胃酸に弱く生きたまま腸に届かないですが、その死んでしまった動物性乳酸菌が善玉菌の餌となるという報告もあります。
また、植物性乳酸菌が含まれている食品を摂りすぎると塩分量が増えてしまいます。
植物性乳酸菌も動物性乳酸菌もたくさんの種類を摂取できるバランスを心がけるとよいでしょう。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がバランスよく摂れるレシピ

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がバランスよく摂れるお手軽レシピを紹介します。

 

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説チーズキムチトースト(1人分)

<材料>

 食パン 1枚
 キムチ 大さじ2程度
 ピザ用チーズ 大さじ2程度

 

<作り方>

1.食べやすくするため、キムチを粗めのみじん切りにする
2.食パンの上にキムチを乗せてからピザ用チーズをふりかける
3.トースターで好みの焼き色まで焼くと完成

 

<ポイント>

洗い物を少なくするために、キムチはそのままでもOKです

 

意外と知らない?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを全解説鶏肉のヨーグルト味噌漬け焼き(1人分)

<材料>

 鶏もも肉 1枚
 無糖ヨーグルト 大さじ2
 味噌 大さじ1
 みりん 大さじ1/2
 サラダ油 少々
 付け合わせ用の生野菜 適量

 

<作り方>

1.鶏もも肉を観音開きにして厚さを均一にする
2.無糖ヨーグルト・味噌・みりんを混ぜ合わせて鶏肉を3時間〜一晩漬け込む
3.フライパンにサラダ油を入れてから弱火で焼く
4.片面がこんがりと焼けたら裏返して蓋をしてじっくり10分焼く
5.お肉に火が通れば完成

 

<ポイント>

・1人分だけ作る場合はヨーグルト味噌が少なく浸かりにくいかもしれないので倍量で作るとよいです
・焦げやすいので火加減に注意しましょう

まとめ

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い
  • 植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届く強い生命量を持っているが、発見されてから日が浅いため未知数な部分が多い。
  • 動物性乳酸菌は、胃酸に弱いが、手軽に摂取しやすく死滅したとしても善玉菌のエサとなり人の健康維持の役に立つ。
  • 植物性乳酸菌は、漬物や味噌、醤油など昔ながらの日本食に摂りいれられている食材が多い。
  • 動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなど乳酸菌に多く含まれていて、現代の日本人にとってなじみのある食材が多い。
page top