ヨーグルトを食べても便秘になる理由

私の乳酸菌サプリ > ヨーグルトを食べても便秘になる理由

ヨーグルトでは体に合わなかったり、役不足!?

ヨーグルトを食べても効果がでない理由としては、以下が考えられています。

 

1.日本人の体に合わない

 

ヨーグルト,便秘になる,

基本的に、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌とされており、日本人では食卓で馴染みが深くない点や動物性乳酸菌を含む乳製品の消化酵素が少ないことから、合わないといいます。

 

合わない場合は、反発することから効果を得るのは難しいとも言われています。

 

2.胃酸や熱に弱い

 

ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は、乳酸菌の中でも胃酸や熱に弱いとされていて、腸に届くまでにはほとんどが死滅してしまうといいます。

 

死滅した場合、生菌にあるような便秘解消効果は得られないとされています。

サプリでもヨーグルトが原料のものは合わないこともある!?

ヨーグルト,便秘になる,

サプリは、基本的に効果が出やすいように、胃酸や熱に強くするなどの工夫がされているので、万人向けと言われています。

 

ですが、動物性乳酸菌が含まれるヨーグルトが原料のものに関しては、日本人では合わないことから効果がでないケースもあるといいます。

 

その為、サプリを購入する際は、効果を出すためにも原料のチェックをすることが大事となります。

ヨーグルトの効果を出す方法はあるのか?

ヨーグルト,便秘になる,

ヨーグルトの効果を出す方法は、いくつか存在します。

 

その方法は、まず『食後』に摂取する方法となり、食後の場合は胃酸が薄まり、胃酸の影響をうけにくくなることから、有効的なまま腸まで届くとされています。

 

また、ヨーグルトを『温めてから摂取』することも良好とされていて、腸を温めることで、腸の機能を向上させる効果が見込めると言われています。

 

注意点としては、温めすぎは乳酸菌が死滅してしまうために、38〜40度程度にするといったことが挙げられていますので、その点は気をつけましょう。

ヨーグルトからではなく、サプリから乳酸菌を摂取しよう!

ヨーグルト,便秘になる,

ヨーグルトから乳酸菌を摂取する方法は、基本的には有効的とはされていませんので、あまりおすすめできないのが本当のところです。

 

なるべくなら、サプリから乳酸菌を摂取することがおすすめで、ヨーグルトでは便秘解消しなくても、サプリなら効果が得られるといった声は結構多くなっています。

page top